sunshine shower

日々の買った物の記録やレビュー

ユニクロU 2017 AWのコラボを見に行った

f:id:uqcd:20171007195211j:plain

ユニクロU(UNIQLO U)の2017AWが10月06日に発売されたので見に行ってきました。これでユニクロ×ルメールUNIQLO × LEMAIRE)が2015年に登場して以来3年目、つまり3回目の秋冬モノの登場となります。

今回フルラインナップ店で見たのですが、以前のようにUの特設コーナーを作って1か所にまとめて販売されていませんでした。めぼしいアイテムは中央の特設コーナーにあったのですが、例えばシャツに関してはシャツ売り場にあったのでわざわざ注意して探さなければ見逃していました。

今秋はこれでコラボ3つ目なので店側も展示品がパンパンで色々あったんだろうと思います。まあ、素人目線で書くのでお手柔らかにお願いします。と予防線を張っておきます。

★総評

最初のユニクロ×ルメールというコラボからルメールという名前をはずして「UNIQLO U」にして、そして3シーズン目に突入で「とうとう来る所まで来たな」と言う感じです。

全体的にコラボ単体で利益が出るような商品に仕上げてきたと思うのですが、逆に「これで大丈夫かな?」「中途半端になってないかな?」と心配した商品が多いと思います。

★アウター

●ブロックテックモッズコート

注目はブロックテックのモッズコードです。写真だとわかりにくいですが、身幅が半端なくあります。試着するとダボダボです。レインコートと揶揄されるのがわかります。なんというか「撥水性の防水ポンチョ」という表現がぴったりだと思います。

雨の日にスーツや私服が濡れたくないのでレインコートの代わりに羽織るのであれば超アリだと思います。でもそれ以上でもそれ以下でもないです。気に入った人は購入したらいいかなと思います。

●シームレスダウントラックジャケット

左胸のポケットがもう駄目だった。似たような商品がアンダーソン、通常ライン含めて多すぎます・・・・

●ジップアップブルゾン

こちらは一週間前に先行販売された商品です。発売前の評価は高かったのですが、発売一週間で売り切れることもなく、評判はあまりよろしくないですね。

そんな事前情報で期待せずに見たのですが「悪くないね!」という印象です。一番派手なコバルトブルーのブルゾンも色の発色もそこまで悪くないですし、ブルゾンほしいならクロやオリーブはおすすめかと思います。

似た感じの昨年のMA-1は1990円まで値段が落ちたので、どこまで値下がりするかわかりませんが、とりあえず4990円でオリーブを確保したいと思います。しかし「そのブルゾンいいね!」と着ていて周りの人に言われることはない様な無難さなので、気軽に近所に着ていく服かなと思います。(私が大学生ならこれで学校に行くのはちょっと考えますね。ブルゾンよりジャケットを優先して着るかと思います)

スイングトップやドリズラーの様なタイプのブルゾンを持ってない大学生なら、こういった服を買うと実は30歳まで地味にクローゼットに残ったりするんですよね。

●ウールブレンドジャケット

昨年も同じようなタイトルの商品がありました。昨年は肉厚のウールブレンド生地でしたが生地の表面が残念な感じでしたので酷評で2900円まで落ちました。3900円でもオンラインで余裕で買えた商品でした。

それで、似たような感じかとおもったらびっくりしました。こちらは軽い。ライトジャケットではないですが、本当にウールなの?と思わせる感じです。今年のウールブレンドはJWAもそうですが薄いですね。セットアップのパンツもワイドで薄くて昨年とは全く逆の方向です。昨年はリブセーターにしても鎧の様な厚さと堅牢さがありました。

試着したんですが、脇から腰の部分が少し緩いかなと思いました。最近GUのカットソージャケットを着てるので若者向けとユニクロのU向けのサイズ感の違いかなと思います。私、痩せてるので(というかスタイルを維持しているので)普通のおじさんとかはこれで十分綺麗なシルエットかと思います。

なんというか可もなく付加もなく・・・欲しい人は買えばいいのじゃないでしょうか。でも似たようなジャケットなら別にこれじゃなくてユニクロ以外でもZARAH&MやGAPも含めてたくさんあると思いますが・・・・

一つだけ言えるのは9990円で買う必要は絶対にないです。6000円ぐらいまで値下がるのでそれを待ちましょう。

★セーター カーディガン

ニット類はイネス、アンダーソンと他のコラボでウールブレンドという劣化品質を見ているので、あまり気が進まない気持ちでみました。特にメリノが最初から「メリノブレンド」と表記してあるので期待値は低いです。昨年のニットと比較しての評価です。

●メリノブレンドタートルネックセーター

試着しました。首周りの一番大切な部分が生地の厚み的に綺麗に表現できないですね。昨年のカシミアブレンドは首周りのシルエットが素材的にも厚み的にも非常に綺麗に表現できてい神アイテムだと思ったのですが・・・

まあメリノ生地なのですが、通常商品でも今年はタートルネックを出してるんですよね。しかもメリノ100%です。

●その他のニット

ぱっと見て触ったんですが、別にどうでもいいかなぁ~という感じです。もう、コラボ3つ目なので心が折れてます。特にアンダーソンのニットの質感のせいですかね・・・ニットは見たくもないという気持ちです。そもそも去年は扱っていたカシミアすら扱ってないですし。

★シャツ

2種類あるのですが、それぞれ一緒ではなく別々に展示されていてすごい見つけるのに苦労しました。探す際に店員さんに場所を聞いてようやく見つけました。

●オックスフォード

着丈は長い。でもいつも通りなので問題なし。ユニルメの最初の春夏のオックスフォードシャツ以外は常に妥協することなく着丈が長いです。「短いの欲しい人はGUで扱ってるから」というユニクロさんの熱いメッセージだと思ってます。

今回の最大の注目は生地です。触って思ったんですが、これオックスフォード???という生地でした。ですからオンラインで実物見ないで買う人は驚くと思います。冬向けの生地ですね。夏場は暑い気がします。気がするだけです。

なお、店員さんいわく「ここに置いてあるのが全部です」と言われたので生産数を絞ってるんでしょうかね。まあアンダースンのオックスフォードもありますしね。

●ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ

ヘビーオンスのフランネルでした。厚い。名前にヘビーとつけるだけあります。フランネルが好きな方はいいんじゃないでしょうか。私、全然フランネルを着ないのでわかりません。でも厚手でしっかりした作りの印象は受けました。

JWAのフランネルの隣においてありました。どちらか無料で貰えるなら私ならJWAの赤いチェックを貰います。単にミーハーなだけですね。

★カットソー

●ボアフリースカーディガン(大人気らしいよ)

女子が男子コーナーをちょろちょろ気にしながら買っていました。男性で試着する人は私ぐらいだったでしょう。なんつーか、見た感じ正方形のシルエットでしたし。都内とかだとブラウンは完売らしいですが、私のところは10着は余ってました。でも、あれが在庫限りだと思います。

女の子は確かにブラウンとか似合いそうです。男の子はあの色は微妙でしょう。かわいい系の男の子ならありかな。

●クルーネックTシャツ ロングTシャツ

昨年Tシャツは生地の触り心地が良かったせいかプロパーの1500円で売り切れる「当たり」アイテムでした。今年はどうかと思ったのですが、ウールと同じ様に昨年のTシャツと全く逆の方向性で攻めてきましたね。

触り心地はゴワゴワ、色も蛍光色を含めて派手な色使い。これはこれでOKなのか、それとも劣化したのかわかりませんが私は買いたいとは思いません。

だいたい、シャツとかアイテムって10年ぐらい使えるように2~3枚をまとめ買いしても、翌年に同じようなアイテムが出てきて「去年無理にまとめ買いしなくても、また今年買えばよかったな」と思ったりすることが多いです。

f:id:uqcd:20171007200042j:plain

でも今回は「とりあえず、去年のTシャツとロンTを780円でまとめ買いしてよかったな」と思いました。

★グッズ

全体的に微妙です。グッズは手間が掛かるから価格が安いとやっぱりそれ相応のクオリティーに見えます。ショルダーバッグのジッパーとか微妙です・・・・

●バックパック

バックパックはそれなりに結構力を入れて作ったんだな~という感じです。肩ベルトの部分も厚く作っており、肩に食い込む心配もなさそうです。

JWAのリュックが「見た目はいいけど作りが悪い」のと違って作りも一応「最低限度はクリアしました」という感じです。まあ見ればわかります。

★おわりに

今回大型店に行った際にUの特設売り場の前でちょうど、通常の女性用のPコートが販売していました。昨年の女性用の通常のPコートは生地が肉厚でゴアゴアしたタイプのウール生地でしたが、今年のPコートは薄くてしなやかな生地のPコートでした。

コラボ以外でも通常品も今年はこういった流れなんだな~。今年はコラボとか関係なく、基本的にウールの量は少なめの路線なんだよね。ウールの価格が高騰したと聞いたけどその影響なのかな?と思ったりしました。

ユニクロ×アンダーソンのコラボを見に行った

f:id:uqcd:20170927010411j:plain

ユニクロ×JWアンダーソン(UNIQLO×JW ANDERSON)のコラボを見に行ったので感想を書きます。あまり量は多くないのですぐに全て見終わりました。イネスに続いての第2弾です。UNIQLOファンの素人なのでお手柔らかによろしくお願いします。

【総評】

良いか悪いかのどちらかを選べと言われたら「悪い」を選ぶと思います。全ては素材ですね。ニットをみればアクリルなどの化繊がかなり入っておりニット系の見た目が明らかによろしくないですね。

昨年のユニクロUはラムウールにしてもカシミアブレンドにしても、生地は化繊抜きのウール100%やカシミアだったのでそこを基準にするとどうしても・・・と思ってしまいます。

ただし、今年はアンダーソンだけでなくイネス、そして今年のUの秋冬のコラボも化繊があります。ちょっと聞いた話だと今年はウールの値段が高いのでどうしても化繊でならないと価格帯があがり厳しいのだそうです。

確かにユニクロのウールで3800円を超えた設定では一般店舗ではお客さんに見向きもされないので3800円に設定するなら化繊にするしかないですよね。そこら辺は「不運」だったのかな?と思っています。

【コート】

●トレンチコート

イネスのステンカラーが抜群のクオリティーであったのでこちらも期待したのですが少し期待はずれでした。ただし、目玉商品であることは間違いないです。なんといってもリバーシブルに作られています。

一体、誰がリバーシブルで着るのかわかりませんが、凄い丁寧な手のこんだ作りです。トレンチのリバーシブルとか半端じゃないです。ただ、努力する方向が違うような気がします・・・・

あと、柄自体は私は結構好きですが着用してみて裏地のリバーシブルの柄が見えたら結構微妙なんじゃないのかなと思いました。

シルエットは・・・よく「トレンチコートは日本人に似合わない」と言われますが、私も似合いませんでした。なんというか「今年のコラボでトレンチを無料で一つあげる」と言われたら私はイネスのレディースのショートトレンチを選びますね。トレンチのデザインはロングは似合わない感じがします。

私もTシャツの上から羽織ったので、実際に着用する様にヒートテックを着てその上にセーターを重ねて着る真冬の状態を再現して試着したわけでないのですが、目を惹くシルエットではなかったです。こんなもんかな。という感じです。

ツイードコート

薄いです。真冬の2月で東京で着たくないです。

●ウールブレンドキルティングジャケット

凄い暖かそうです。ただ、これウールブレンドなんですがポリエステル90%のウール10%なんです。まあ、確かにウールブレンドなんで間違ってないですがね・・・・。思い切って化繊100%とかでは駄目だったんでしょうかね。

素材は別としてとても暖かそうで、真冬でも全然OKです。↑のツイードコートは真冬は嫌だけど、これならOkです。作りもしっかりしています。

以前エディフィスで似たようなキルティングジャケットを30000円ぐらいでみたので(でもホントはセールで半額の15000円でした)それに比べたたら「ユニクロ頑張ってるな」という感じです。

表面の素材は羽毛立ちしそうな感じなので、しばらく着用すると使用感が凄いでる商品だと思います。いい感じに書きましたが、暖かそうという意味ではいい感じですが、素材感は結構微妙です。

●ライトダウンジャケット

オックスフォードシャツを買いにいった弟が「ダウンジャケットが良かったから欲しい」といったので「あの、赤と青のチェックのやつか!!」と驚いたら「派手な奴でなくネイビーだよ」と言われました。

通常ラインで似たような商品もあるし、去年もUの通称モコダウンもあったので、わざわざアンダーソンである必要がわからないです。確かに派手なやつは色使いがアンダーソンカラーですが・・・。

弟に「これは恐らく5900円~4900円まで値下がる」と話すと「じゃ、その時絶対買うわ!!」と息巻いておりました。

【ニット】

最悪です。色使い、素材、全部悪いです。むしろいいところ教えて欲しいです。

素材が悪いのが見た目にわかるゴワゴワ感です。とくにケーブルニットは穴があいています。あえて空けているのでしょうが、春夏のUのコットンニットがスケスケで話題になりましたがそれ以上にスケスケになるので、あれを買う人は相当レイヤードのことを考えて着こなす人なんだと思います。

ニットは年末までに1280円、980円コースです。なんというかこれはアンダーソンのせいじゃないなと思いました。

ちなみにファインメリノのニットは他のニット素材に比べてユニクロのニット担当者の牙城なのか素晴らしい出来栄えだと思います。いつもインライン(通常商品)のメリノウールの3800円とか2800円に慣れて感覚が麻痺してますが、インラインでメリノウールを出してなくて突然この商品を出したら「凄い価格設定だ!」と話題になったと思います。

あの値段でメリノウールを使っていて凄い企業努力を感じます。ユニクロにとってエクストラファインメリノは生命線か何かなんでしょうかね?

【シャツ】

オックスフォードとブロード、そしてネルシャツが展開されていました。

●ブロード

ブロードは白がないのでホワイトシャツを愛用する私としては悔しい思いです。白がないので試着はしませんでした。

●オックスフォード

オックスフォードは私は着ないのですが、試着してみました。サイズは普通です。特にいいわけでも悪いわけでもないです。イネスのシャツは「脇から腰にかけてタイトに作られてる」という感じで特徴がありましたが、シルエット的に特に目立つ特徴もなかったように思います。

手首の袖の部分が裏返すと柄になっていて「オシャレ」なのか「余分なことするな!」かは人によって意見が分かれるでしょう。でも、そこまで神経質に気にするほどのことではないかと思います。

着丈はちょっと長めですが、「現在アパレル業界全体が着丈は長めのトレンド」ということを以前聞いたので、こんなものなのでしょう。タックインもアウトも出来ます。

外に出す場合はジャケットとかを羽織るとジャケットのお尻の部分からはみ出るかと思います。だから「オックスフォードは短くしろ」という人達の気持ちはよくわかります。私も短くていいと思います・・・オックスフォードは着ないけどね。

腰の部分にはJWAのロゴがついています。私的にはブランド名がわかるようなロゴ入りは余り好きではないですね。バーバーリーチェックとか、ポロシャツに付いてる胸のブランドマークは別ですけどね。

オックスフォードシャツを仕事のワイシャツ代わりによく着ている弟にJWAのコラボの話をして、ユニクロで2900円で売ってることを話しました。そうしたら仕事帰りに3着色違いで買ってきました。

JWAのことを1ミリも知らなかったのですが「これから腰のロゴを見せつける」と息巻いておりました。オックスフォードシャツのプロパー3着大人買いです。

f:id:uqcd:20170927011325j:plain

ちなみにさっそく買ったシャツのロゴを写真で撮りました。(私が買ったのではないですけどね)

●ネルシャツ

試着しました。普通のシルエットです。フランネルで暖かいです。これは買う人は多いかもしれません。一般のお客さんも買うでしょうね。あえて言えば「もう少し柄が良ければ・・・」と思います。まあこれは好みの問題なので私の好みに合わなかっただけです。

なんというか、微妙な柄なんです。あと色違いも、もう少しあるといいなと思いました。素材などは問題ないだけに悔しいです。もう一度書くとこれは購入する人が一定数いる出来栄えのシャツだと思います。

【Tシャツ】

カットソーです。これはボーダーの色が気に入った方は買えばいいと思います。私は難しい色使いなので判断が難しいです。作りはしっかりしてます。仕事はしっかりしていると思います。

ボトムズ

ズボンです。

●ウールブレンドパンツ

試着しました。

まず感想は「薄い」です。これは春秋物です。完全に薄いです。真冬どころか冬も無理、2月どころか12月も無理です。

しかし、シルエットは綺麗です。当たりです。去年のUの「ウールタックパンツ」は凄く厚くて「真冬用」という感じで良かったです。それを考えて「春秋物をだしてくれたのかな?」という感じです。

昨年のウールタックパンツはおじさん向けのアイテムなのか評判はイマイチでした。けれどああいう「日常の普段着をワンランク上に上げてくれる」というようなアイテムがユニクロやUらしいと思いました。

ウールブレンドになるのは前述の通りに仕方がないとして、素材は微妙でもシルエットはいいですね。今はどんなパンツもテーパードにアンクルが特徴ですがテーパードがないベーシックなデザインです。

値段が下がったら複数買いするかもしれません。

●他のパンツ

なんというか、試着する気になりませんでした。

【バック】

●リュック

トートとリュックサックがあったのですが、バックは全体的にデザインは結構いいですね。あの青と赤のアンダーソン柄も落ち着いた感じで思ったほど派手でないですね。あの色はダウンジャケット、バック、トートなど全て同じ素材で展開されていて驚きました。全く同じ発色でした。ネルシャツはさすがに違いましたが。

ただし、リュックはアウトドアメーカーのリュックを持っている人が多いと思いますが、グレゴリーとかLLビーンに比べたら作りが弱く、ヘビーユースには向かない感じです。大学生が教科書とノートを入れて重めの感じにしたら直ぐに壊れてしまいそうです。堅牢性?ってやつが全く無いです。

「リュックって実用性が凄い大切なんだな」と思わせてくれるバックでした。まあ、値段からしたら頑張ってると思います。1年を目処に使うにはいいのではないでしょうかね。どうしても価格帯的にナイロンを使わざるえないのが、作りや堅牢性に反映されてしまうのではないでしょうかね。

●トート

トートは考えさせられます。このトートは哲学的です。ですから別項で扱いたい(また投稿したい)と思います。キャンプとか海水浴に行く際に使うトートバックがこのアンダーソンとかだったらすごい贅沢じゃないですか?

普段家で使うティーカップが普通にウエッジウッドとかノリタケの様な豪華さがあると思います。アイテムはやっぱりナイロン素材になるのは価格帯的に仕方がないのかなぁ。

●マフラー

オリンピックのようなゲイの様な永谷園カラーです。ジャマイカのようなブラジル国旗の様なお茶漬けの様な・・・・とにかく一発でバレます。

去年は駅前を歩いてると女性がUのマフラーを巻いているのを「さり気なく」見たのですが、今年は「これユニクロのアンダーソンコラボのマフラーだからね!!」と一発でわかるあのマフラーを街中で巻くのを見かけるのでしょうかね・・・

こういうのはどうやって判断するんですかね。一般の人は「超だせ~」と思うのですが、ファッション関係者は違った評価するんでしょうかね。ちなみにマフラーを見て「これは罰ゲーム」と言ってたカップルがいました。一般の反応はそんなもんですよね。

ユニクロ×イネスのコラボをみてきた(INES UNIQLO)

f:id:uqcd:20170927004927g:plain

ユニクロのイネスコラボを見てきたので感想を書きます。本当に取り扱い店舗が少なくて名古屋店で見ました。新幹線の待ち合わせに2時間早く到着してわざわざ駅からユニクロに行って結構大変でした。でもコラボは今年はイネスを含めて3つもあるので、商品の数が少なくて直ぐに見終わってしまい、時間潰すのが大変でした。

【総評】

メンズの隣でずっと女性用のコラボを続けていたイネス。「男性向けにアレンジしたらいいなぁ~」というアイテムが多かったので(特にPコートとか!そしてなぜPコートを作らない!!!)待望の待望で嬉しいです。

試着した結果としてシルエットは全体的に「タイト」です。サイズはユニクロの通常商品でMをぴっちり着ている方ならLの方がいいかもしれません。色々なコラボがこれから始まり忙しくなりそうです。

ちなみにビックシルエットが流行りなのか、イネスの男性者のコートを試着している女性が結構いました。他のジャケットやシャツ、ニットは目もくれず、コートだけガンガン試着する女性をチラホラみかけました。

【コート】

イネスの今回のコラボの最大の目玉商品はステンカラーコートです。ユニクロUの春物は商品をみるとすぐに「あ、コーチジャケットが一番力を入れた商品なんですね」と分かったのですが、今回はそれに該当するのが「ステンカラーコート」ですね。

持ってみると作りが他の商品と全然違います。ユニクロのコートはダウンジャケットを別にして大抵のアウターは生地が薄めで真冬は心もとない商品が多いんですが、これはもう既に持っただけで重いです。デザイン、シルエットを別にしても素材だけで既に合格点の商品です。現物をみないとわからないでしょうが、現物をみると一発です。

シルエットはTシャツの上に試着したのでそこまで正確にわかりませんが、可もなく不可もなく普通のステンカラーだと思います。ステンカラーって別にとりわけ攻めたデザインでもないですよね。ステンカラーコートを欲しい人ならもう絶対に買ったほうがいいです。他のブランドなら3万とか高め設定のブランドなら5万以上はしてもバレない商品です。(個人的に服にコスパを求めるのはあまり好きではないですが)

【ジャケット】

なんか、一部でツイードが評判とか色々言われていましたが、個人的に着用したシルエットはイマイチだと思いました。でもそれ以上に素材感があまりよくないですね。

ジャケットは生地の質感が大事な部分がありますし、普段そういうのにこだわらない人でも仕事でスーツ着てたりして結構ジャケットに慣れているので、そういった意味でも素材感や質感は意識してなくても敏感だと思います。

G.U.に3800円でテーラードジャケットやカットソージャケットが売っていて、シルエットが若者向けにけっこう攻めたデザインなので30歳以下の人は是非そちらを参考にして欲しいと思う感じです。テーラードはなんか素材をすごく上手に誤魔化した感じですが、カットソージャケットはジャージ素材なので元々ラフな感じで「そういうものなんです」という感じでいいかと思います。生地の安っぽさを全然感じない作りになっていていいと思います。

【シャツ】

シャツは試着しました。コットンツイルシャツです。着てみて「おお!」となりました。胸から腰にかけてタイトなデザインになっいて「こだわったな」という感じです。Sを着たのですがちょっとキツくてMにしようかな?と迷う感じでした。

ユニクロでは+Jのシャツが現在も展開されていますが、+Jはシルエットが大変素晴らしく綺麗なシャツだと思います。初めてそれを試着した時ほどの感じではないですが、かなり良い感じだと思います。なお+Jのシャツはスケスケなのでなんとかして欲しいです。透けすぎて着れません。

【ニット】

まだカシミアしか発売されてなくて売り場でケーブルのセーターを探してなかったので店員さんに聞いたら「カシミア以外は10月発売です」と言われ「レディースはニット充実しているので参考にしてみてください」と言われました。

カシミアは小さめサイズでSで相当きつかったです。普段着ているサイズをワンサイズあげてもいいかと思います。

それと、ちょっと薄いです。通常ラインのカシミアを私は毎年購入しているのですが、なんか年々薄くなってる気がします・・・カシミアは儲かってるのでしょうかね?ユニクロ的には「一応やらないといけないから」という義務感を感じます。

通常との違いもとりわけ目立つわけでもないです。ちなみにオレンジの発色はよかったです。

【パンツ】

試着したかったのですが、試着疲れとそれまでの商品をみた感想が思ったほどドキドキ感がなかったので見るだけでしたが、今思うと試着しておけばと思っております。ズボンだけは試着しないと始まらないのでね・・・・

スリムフィットコットンパンツは見た感じだけでも結構いい感じの雰囲気でした。ウールブレンドはブレンドのせいで生地の見た目がよろしくなかった様に思います。ブレンドと聞いただけでモチベーションが下がっているのもありますが・・・・

【まとめ】

以上です。店員さんに話を聞く限り名古屋店は在庫も一杯あるし、むしろ売れなくて困ってるわ~。という雰囲気が伝わってきました。失敗なのかな?と心配しました。

MUJI Labo の半袖ボーダーTシャツ

無印良品MUJI Labo の半袖ボーダーTシャツ買いました。

f:id:uqcd:20170726002623j:plain

私だってユニクロ以外の商品だって買うんですよ!!とまあネットで購入したのですが、こちらの商品についてレビューします。

まず、ボーダーは3種類ある、細、普通、太いの中の太ボーダーです。一番最初に売り切れたので多分一番人気かと思います。このボーダーTシャツ、Sサイズだけ売り切れてるんですよ。そして今回だけでなく、毎回Sが最初に売り切れるんですよね。

ですから無印のオンラインサイトに「Sが毎回最初に売り切れるんだから生産数を考えてちゃんと作ってくれ!!」という書き込みがあったのですが、ごもっともだなと思いました。限定で生産数を絞ってプレミアム感を出すならわかるのですけど、毎回売り切れるならSは多めに生産すればいいんじゃないかと思います。

さて、レビューです。まず生地ですが触り心地もよくていいですね。さすがmuji laboと言った感じです。2990円とは思えない仕上がりです。

f:id:uqcd:20170726002754j:plain

1990円で似たような太番手のボーダーがありますが、1000円しか違わないのに個人的になりますが、雲泥の差に感じます。多少無理してでもこちらにしたほうがいいです。

次、シルエットです。

シルエットはビックシルエットです。これは正直驚きました。ムジラボはベーシックな物を上品に仕上げると思っていたのでトレンドのビックシルエットを取り入れるとは・・・・

なお写真でセールで900円ぐらいで買ったボーダーTがあるので比較してみたいと思います。

f:id:uqcd:20170726002833j:plain

着丈、袖の部分が同じSサイズですが大幅に大きいです。

特に気になるのが袖の部分。明らかに試着すると腕周りが大きいです。多分、シャツのインナーに着るというより暑い夏に一枚で着るという感じです。

f:id:uqcd:20170726002904j:plain

なお首元の後ろに特徴あるフック?がついています。これでアニエスベーではなくムジラボなのが一発でバレてしまいます。

f:id:uqcd:20170726002919j:plain

私的にはセールで買ったボーダーTの様な無難な作りを期待していたので結局返品しました。送料がもったいなかったです。しかし、無印は基本的にブロードシャツなどもかなりタイトで小さい作りが多いのにこの定番と言えるTシャツをビックシルエットで作ったのには驚きました。

生地の質感は完璧で、ビックシルエットのボーダーでも問題ないって方であれば超オススメの商品だと思います。

ユニルメとユニクロUのポロシャツの比較

今年はポロシャツは去年のユニクロ×ルメールuniqlo and Lemaire)
の「スーピマコットンポロシャツ」を990円で購入したのですが、同じくユニルメの後継であるuniqlo U のニットポロを購入しました。

f:id:uqcd:20170710095940j:plain

こちらは商品名が「スーピマコットンニットポロシャツ」とニットポロと名前を変更されています。
二枚重ねてみるとシルエットは殆ど同じです。細部のデザインが少し違います。

f:id:uqcd:20170710100055j:plain

まず、下の裾の部分がユニルメはスリットが入ってます。逆にUはリブになっていて締まる感じのデザインです。

f:id:uqcd:20170710100125j:plain

腕の部分の違いが一番大きくてユニルメは一般的なポロシャツのデザインですがUは丸みを帯びた独特のデザインになってます。ユニスメドレーと言われてる形ですね。

f:id:uqcd:20170711150541j:plain

ユニルメのスリットです

f:id:uqcd:20170710100239j:plain

着衣して比較してみました。パンツにはスキニーチノのオリーブを履いています。

f:id:uqcd:20170710100325j:plain

f:id:uqcd:20170710100327j:plain(比較しやすいように胸にシールをつけたままにしてある方がUです)

色のコントラストがはっきりしなくてわかりにくいですが、Uの方が襟がしっかりねていて綺麗な形です。逆に腰のスリットのおかげがユニルメの方がストンと落ちるシルエットになりやすいです。Uの方が上品というかユニルメの方がスポーティーというか、両方ともに良さがあります。

両方に共通してるのはボタンを締めると凄い綺麗なシルエットになることですね。あと素材的にユニルメの方が少ししっかりした素材です。これはニットポロの方が肌触りの良さを重視した素材感にしているのもあると思います。

ユニクロ、ワンピースのチョッパーTシャツを購入

ワンピース グラフィックT(UT チョッパー・半袖)を購入しました。

f:id:uqcd:20170623024434j:plain

ネットでの先行販売があって、その後来週から一般店舗で販売されるそうです。私はワンピースの中でこの鹿のキャラが一番好きなので、とりあえず買えて嬉しいです。

まあ、売り切れて買えないとかそれは流石にないと思うので一般店舗で買ってもよかったのですが、家でダラダラする際に着ようかと思います。

チョッパーといえば桜色なので黒地にピンクがよく映えてワンピースのキャラTの中では一番いいデザインかと思います。

ユニクロの非売品 マルチバンドを使ってみた

f:id:uqcd:20170620154314j:plain

ユニクロで感謝祭の時にオンラインで購入したら一緒にスマホ用のマルチバンドが同封されていたので使ってみました。どうやらプレゼントみたいです。用途はスタンドにする方法と落下防止のフィンガーホルダーの2種類の用途に使えるみたいです。イメージとしてはちょっと大きな絆創膏みたいなサイズです。

裏面に写真で使い方が書いてあります。

f:id:uqcd:20170620154321j:plain

裏面に取り付けてみました。ちょっとコツを掴まないとやりにくいですが、一度やり方をマスターしたら簡単に使えます。ホルダーとして使わない時は元に戻して邪魔にならないように出来ます。

f:id:uqcd:20170620154329j:plain

とりあえず、スタンドにして使ってみました。動画とか見る際に簡易スタンドになるのでオススメです。

f:id:uqcd:20170620154337j:plain

裏面はこんな感じ

f:id:uqcd:20170620154345j:plain

あと、これが本来の使い方なのですが、指を入れて落ちないようにホルダーにしてみました。歩く時など引っ掛けると落ちにくいので地味に便利かと思います。値段的には300円ぐらいで買えると思うのですが、かなり便利です。

壊れるまで使おうと思いますし、壊れたらちゃんとしたスマホスタンドやホルダーを買ってみようかなと思わせる景品です。ユニクロGJですね。